The Financial Times Historical Archive

1888-2010
1100 1200 1300 1400 1500 1600 1700 1800 1900 2000 2100

 

Q:“The Financial Times”はどんな新聞ですか?

A: 19世紀末、イギリスはドイツやアメリカなどの新興国に世界の工場の地位を譲り、海外への投資からの収益に活路を見出していました。これを支えた金融センターであるロンドンのシティに正確で迅速な金融情報を提供するために創刊されたのがFinancial Times(FT)です。

創刊当時は「正直な金融人、誠実な投資家、公正な株式仲買人」のための新聞であると謳っていました。その後もこの精神は生き続け、競合紙が誤報などにより読者を失う中にあって手堅い報道を続けたため、「株式仲買人のバイブル」と称されるようになりました。1945年、ライバル紙のFinancial Newsと合併したFTは、金融以外の記事欄の充実を図り、シティのための金融専門紙から全国紙へと脱皮します。そして、1970年代末にフランクフルトで欧州版を発行したのを皮切りに、アメリカ、アジア諸国へ拠点を拡大し、現在では15ヶ国で発行されるグローバルな新聞へと更なる脱皮を遂げています。

FTはイギリスの日刊紙の中では、国内の発行部数を国外の発行部数が上回った初めての新聞として知られています。経済、金融から政治、社会、芸術、科学技術までに及ぶ幅広い記事だけでなく、コラム、特集も忘れてはなりません。特に、FTによってアジェンダを設定するコラムと位置付けられるレックス・コラム(Lex Column)は、そのシャープな切り口によって、世界のビジネスパーソンにより読まれています。また、毎週土曜日に掲載されるライフスタイル関係の記事としてスタートし、後に月刊の高級ライフスタイル雑誌に発展した「How to Spend It」は富裕層をターゲットにしています。シティの株式仲買人のための新聞としてスタートしたFTは、今では世界のエリートビジネスパーソンのための新聞として、発信を続けています。

詳しくはお問い合わせくださいu
短縮URLを共有する:

*短縮URL[たんしゅくユーアールエル]

とは、長い文字列のURLを短くしたものである。リダイレクトを利用して本来の長いURLに接続する。 例えば、 http://ja.wikipedia.org/wiki/短縮URL のページは、Google URL Shortenerを利用した場合、 http://goo.gl/OCZXl と短縮できる。また「p.tl」ならば、さらに短縮され http://p.tl/aIAn となる。

*Wikipedia