デイリー・メールの読者

Permalink to デイリー・メールの読者

特定の新聞についてイメージを持つには、その読者層を理解するのが分かりやすい方法です。高級紙タイムズは、政治家、官僚、経営者などの国の指導者層、エリート層やその予備軍となる人々に読まれていると一般にはイメージされています。「タイムズは国を運営する人々によって読まれている(The Times is read by the people who run the country)」という言われるゆえんです。

それではデイリー・メールについてはどんな読者をイメージすればよいでしょうか。デイリー・メールが創刊される20年ぐらい前に、イギリスでは小学校が義務教育化されます。エリート教育ではないものの、読み書き算盤という基礎的な能力を身に着けた多くの人々が社会に登場し、19世紀の社会階層の分類では括られない新しい中間層が形成されたのです。デイリー・メールはこれらの中間層をターゲットとして、読みやすく簡潔な記事、面白い記事を売り物に、創刊されました。創刊当時は「多忙な人のための新聞(The Busy Man’s Daily Journal)」を謳っていました。伝統的な新聞人からは「給仕による給仕のための新聞(newspaper for office boys written by office boys)」と揶揄されたこともありました。給仕はともかく、読者イメージとしては都市郊外に住む普通のサラリーマンが最も近いと考えられます。

ところが、20世紀の後半になると、新しい読者層が加わります。女性です。デイリー・メールは創業以来、女性向けの記事を掲載するなど、女性読者を強く意識していましたが、1970年代以降その伝統に立ち返り、女性読者の取り込みに成功し、今や読者に占める女性の比率が半分を超える唯一の新聞として知られています。そのためか、デイリー・メールについて「国を運営する人々の夫人によって読まれる新聞(read by wives of the people who run the country)」という言い方がされることがあります。

<<The Daily Mail 物語一覧へ戻る

短縮URLを共有する:

*短縮URL[たんしゅくユーアールエル]

とは、長い文字列のURLを短くしたものである。リダイレクトを利用して本来の長いURLに接続する。 例えば、 http://ja.wikipedia.org/wiki/短縮URL のページは、Google URL Shortenerを利用した場合、 http://goo.gl/OCZXl と短縮できる。また「p.tl」ならば、さらに短縮され http://p.tl/aIAn となる。

*Wikipedia